こんにちは!当サイトへようこそ。

ワイン愛好家の方ですか?それとも経営者の方ですか?

今と呼ばれます
+39 0541 952608

醸造所とブドウ畑

“「醸造所での労働は喜びと献身です、ここにいるためには土壌が私に命じることに耳を傾けて、作業をし、見守り、味見をしなければなりません」頭が、手に、口に、ダビデの心臓になることが必要です。”

Davide

 

Le nostre terre di Romagna
San Clemente, in Rimini, the natural Oasis


Enio Ottaviani醸造所は現在の当醸造所の木に至るまで包含してロマーニャのワイン醸造業を統合したものです。セメントの樽はワインの最適の性質および温度と湿度の適正な調整を保証し、一部の生産品は木製の樽と大樽で熟成します。

この生産プラントとブドウ畑はSan Clemente di Rimini,
なだらかな小丘が海の風景を囲み、醸造所にもたらす塩分とミネラルを受けて海の影響を享受しています。土壌はフランス粘土質です。

伝統に基づく排水溝に見る通り、実行と実行方法を知る熱意が必要な技術転換を常に導いています。


オアシス
オアシス の土壌の種類は様々です 粘土質、 黄土色の純粋な粘土.

Pilocene時代に遡る堆積土 (5百万年前)で土壌に適したブドウの栽培に適した 環境となっており 砂利、泥土、粘土から成っています。

海に近いためミネラルと独特の味があります小丘の地質は石灰分が多く、一部は捨てられていても-泥土と純粋な粘土を含みます.醸造所の作業はブドウ畑で収穫した果実を原料とします。土壌とブドウ畑を詳しく見ましょう。ブドウの区画と地形によって分けてブドウ酒を作ります。これは小丘と平地で協議をして生産物をバランスさせて作業する合意がなされます。


ブドウ品種

Sangiovese
Merlot
Cabernet Sauvignon


ブドウ品種

Bombino bianco - Pagadebit
Chardonnay
Riesling
Sauvignon Blanc


設備:

Guyot


年間平均生産量:

200.000 ボトル


ヘクタール当たり出荷量:

ヘクタール当たり平均90キンタル


収穫方法:

手摘み


生産

12 + 8 ヘクタール

 

I winemakers

La cantina


何故セメントなのでしょう?
セメントはいつも当醸造所にあり、地政学的にも生産するワインの理想的な貯蔵容器です。

当醸造所には木材もあります:大樽および普通の樽です。
しかし考えてみると-例えば- sangioveseの Caciaraあるいは Clementeブレンドについては私たちの考えではセメントには適合しません。私たちの他のワインについても同様で、それぞれが明らかに異なった特性をもっています。
この考え方を表現するために輪の全体に次の譬えを適用します:再生する楽器の音(鉄鋼)とさらに多くの楽器があるコンサートのライブ映像です。 コンサートとセメントです‐この考えを表現するとしたら。
イタリアの法律は生のセメントの使用を許さないのでここで話すセメントは明らかに透明化しています。 しかし、隔離する薄膜を作ったとしたら、外部と内部間の円滑な交換が同じようにできます。
セメントは-木材とは異なり-香りの一部を逃さず、ワインの自然な醗酵を可能にします。
セメント槽を保守するためには、装置の保守とワインの管理の両面で大きな世話が必要で、多くの場合機械化による管理をしている鉄製槽と異なります。
生コンサートでは 全ての要素のシナジーを生成することが起こります。再生では-音楽は停めると止みます。鋼鉄製の場合はワインに働きかけません、生物との間の交流はなく中立のままです。
どうしてこのような単純なことになったのでしょうか Italia?
60年代からセメントは醸造会社の同意語になりましたセメントを使う醸造所が増加し、ワインの保存法が改善し、木材製よりもコストが低下しました。
今や時代の流行となり、ある年にはビンテージ物や特選物の一部にもこのセメント槽の考え方があらためて出現しました;コンクリートエッグをセメント化した醸造業界のリーダーもあります。
当醸造所は開設以来セメント樽だけを使用して降り、槽数47、総容量2700キンタルに達しています。現在私たちはこの選択をして良かったと満足しています。


La vendemmia

Lavoriamo con amore

I vigneti